剪定

剪定することで樹木全体の風通しや日当たりを良くし、庭木を若返らせます。 実がなる樹木の場合は余計な枝葉を剪定することにより、栄養を行き渡らせることが出来ます。 剪定は、暴風や防塵のため、または日差しを避けるため等、目的に合わせて行います。 また、定期的な剪定で庭木が大きくなり過ぎないよう管理することも大切です。 お隣に迷惑がかからないようにするためにも、お手入れは欠かせません。

草刈

雑草は年中生えるもので特に暖かい気候になるにつれて勢いがよくなります。あらゆる場所に生えとてもしつこいものです。そのため定期的に草刈をして管理しその場を清潔に保つことが重要です。それによって他に影響が出ない様にし見栄えも良くなります。

伐採

不要になった、家屋に支障が出るなど様々なものに影響が出る小さな木から大きな大木までをその場の状況に合わせ伐採しスッキリさせます。 それによって空間作りや風通しが良くなり、綺麗に保つことができます。